木村翔が大番狂わせ!WBO世界フライ級タイトルマッチ!!

世界ボクシング機構(WBO)のフライ級タイトルマッチが7月28日上海で行われました。

木村翔(日本)世界WBO6位

VS

鄒市明(中国)WBO世界フライ級王者

鄒市明は五輪2大会連続の金メダリストの地元の英雄、木村は日本人すら知らない人も多い無名の日本人ボクサーです。

試合は見れてないのですが、途中まではポイントリードしていた模様の鄒市明。

11Rで木村の右がヒットしそこからボディの連打で ダウンを奪い鄒市明が立ち上がるもレフェリーストップ!TKOに繋げたようです!

これすごい快挙です。海外で世界王者奪取もオリンピック金メダリストに勝つのもすごいです!

海外でなぜ世界王者奪取が難しいのか?

・そもそも相手が強い

・地元判定がある

・強い相手に圧倒的大差で勝たないと判定で勝てない

・強い相手をKO・ TKOまで持ってくのが困難

・敵地の応援は相手の応援がすごい

他にも理由はあるかもしれませんがだいたいこんなところです。

とにかくこれで木村翔(新チャンピオン)が誕生しました。

これで日本人のフライ級ボクサーの世界チャンピオンが3人。

・井岡一翔(WBA )

・比嘉大吾(WBC)

・木村翔( WBO)

日本人同士の王者統一戦もありそうですね。楽しみです。

とにかく木村翔選手おめでとうございます!次の試合も楽しみにしています!

ではまた!

にほんブログ村 旅行ブログへ

にほんブログ村 格闘技ブログへ

スポンサーリンク
スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク