ベネズエラ入国!南米最後の秘境!カナイマ国立公園!!

ついにベネズエラ入国です。

ベネズエラの首都カラカスは紛争地帯以外で人が殺されることが世界で1番多い都市です。

他の国に行く時周りからは危険だから行かない方がいいんじゃない?と言われることも多いです。トルコだったり、フィリピンだったり。

しかしここベネスエラはガチです。特に2018年現在は行くべきではないと思っています。

それでも行きたい人は遺書を書いてから行きましょう。

隣国のブラジルやコロンビア共に治安はよくはない国ですが、そこの住人達ですらベネズエラと聞くと絶対に行くなと言ってくるでしょう。

自分が行ったのは4年ほど前です。その時ですら行くなと言われていました。今はさらに情勢は悪化しているようなので危険なのは想像に難くないです。

ちなみに自分は相棒と2人で旅をしました。ちょっと外に出るときも基本は2人行動でした。

相棒はインドを1人で東のコルカタから西のムンバイまで無免許でバイク1人旅をし、スペイン語も操るツワモノです。

これを見て行きたくなったとしても今はやめといた方がいいでしょう。

という訳でベネズエラ旅スタートです!

ブラジルの国境を超えてすぐのところです。ブラジルとベネズエラの国境の間にアイス屋さんがいました。なかなかすでにカオスな光景です。

100USDをベネズエラで闇両替するとこんな感じで札束になりました。

ベネズエラでは闇両替をせず、正規の両替をしてしまうと世界一物価の高い国に早変わりしてしまいます。

ちなみに両替するときはもちろんお金も数えなくてはいけませんし、相手の手元をじっと見ていないとダメです。間違いなく少なめに渡されたり、100USDが偽札にすり替えられたりします。

1食贅沢に食べるとこの札は100枚ほど一気になくなります。

それでも物価は驚くほど安いです。

現在はさらにUSDの価値が上がり、闇両替ならば恩恵を受けることができると思います。

国境からいきなり町の写真もなく、カナイマ国立公園の写真になりましたが、正直町の写真は怖くてあまりカメラを出せれませんでした。察してください。

国境からは乗合タクシーなどでカナイマ国立公園に行くための拠点の街サンタエレナに行きそこでツアー会社でロライマ山トレッキングツアーに申し込みました。

ロライマ山トレッキングです。

最初はこんな感じのサバンナ地帯を歩いて行きます。

ずっとこんな景色が続きます。

どんどん歩いて行きます。あの雲に隠れているのがテーブルマウンテン。南米最後の秘境と言われている場所です。

ちょっとずつ近い着いてきています。

見えてきました。興奮しますね。

みんな山に向かって歩いています。

カラフルなバックパック背負っているのは一緒のツアー参加に参加したベネズエラの方々です。

オレンジのバックパックを背負っているのが相棒です。

近づいてきましたが、1日目は平地にある広場でテントを広げて寝ました。

ではまた!

にほんブログ村 旅行ブログ 海外一人旅へ
にほんブログ村

スポンサーリンク
スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク