説明しよう!フィリピン英語留学のデメリット!

昨日フィリピン英語留学のメリットを話したので、今日はフィリピン英語留学のデメリットについてついて書いていこうと思います。

フィリピン英語留学は安くてマンツーマンが多くていいのですが、いいことの裏には悪いことがありますね。今日はそちらについて書いて行きたいと思います。

先生の英語のレベル


正直そこまで高くはないです。フィリピン人は普段話す時タガログ語やその地域の言語を使って話をします。なので先生の中にはゴリゴリにフィリピン語訛りの英語を話す人がいます。自分も一度そのような感じの先生の授業を受けて、聞くことに疲れた思い出があります。
また学生が多くなる夏休みや冬休みのシーズンは臨時の先生を大量に雇うことが多いので、先生の教える技術に違いがあります。その季節のみ行くとなると先生の経験やスキルが低い先生に当たることがあります。学校によっては先生を変えてくれるところもあるのでこの先生じゃないな。と思ったら言ってみるといいかもしれません。

ネイティブではない


そう。フィリピンの先生はネイティブではないのです。先生の教科書を見ると結構書き込まれていることが多いです。先生が一生懸命勉強してくれているのがわかって嬉しいですが、先生ほんとにわかっているのかな?と少し不安になります。そんな感じなのでわからない単語も多い先生もいます。
そしてもちろんネイティブの言い回しやスラングもわからない先生がいます。英語があまり得意ではない人は(自分も含めて)問題ないですが、本格的にネイティブに英語の能力を近づけたい人はちょっと物足りないかもしれません。

学校に選びによる授業の違い


学校選びめちゃくちゃ重要です。どこへ行っても一緒だろうと思うかもしれますが、全然違うのでしっかり資料を集めて、留学エージェントに聞きたいこと全て聞いてください。
フィリピンにある語学学校は日本人経営、韓国人経営、台湾人経営などがあります。自分のオススメは日本人経営の学校です。日本人が多くて英語話す機会なさそうと思うかもしれませんが、日本人経営の方が先生の質の高さ、英語の能力をしっかり上げるためのカリキュラムが組まれていることが多いです。韓国や台湾経営の語学学校に行くと生徒がやりたいことをやらせてくれますが、そもそもどうやって英語能力を上げるかわからない生徒に授業内容を決めさせるのは間違っています。
ゆったりバカンス気分で外国人の友達を作りながら英語留学をしたいのでしたら、日本人経営以外の学校をオススメします。規則の厳しい学校も多いので気をつけてください。

食事に飽きる


1ヶ月ほどの英語留学なら問題ないでしょうが2ヶ月滞在したら学校の食事に飽きます。日本人経営の学校ならご飯が日本人好みになりますが、ここはフィリピンなので日本クオリティのご飯は食べられないと思っていいのではないでしょうか。韓国は韓国料理中心になり辛いものが苦手な人はかなり厳しくなってくると思います。自分も月二回はフィリピンのご飯ではなくイタリアンや日本食レストランに食べに行っていました。そのことも考慮してお小遣いの計算をしてから英語留学に来ましょう。
そして水ですね。水道水は飲まないでください。トイレとお友達になること間違いないです。歯磨き程度なら問題ないです。

治安が悪い


治安は決してよくないです。昨日ちょうど友人が財布を盗まれたようです。これで今回の渡航セブ5ヶ月目で携帯盗まれた人が2、財布盗まれ人が1です。(内フィリピン人含む)ドゥテルテ大統領になって治安はよくなったように感じますが、軽犯罪は相変わらずあるようです。
また南のミンダナオ島では街がテロ組織に占拠されるということも滞在中に起こっています。今はとりあえず解決されていますが、またいつ起こるかわからない状況です。

こんなことを言っていると危険そうに感じますが、実際今いるセブ島では夜1人で歩いていてもとりあえずは大丈夫です。海外で犯罪に巻き込まれる可能性は運が6割、不注意が4割だと思っています。海外を2年ほど旅して、フィリピンにも現在合計8ヶ月住んでいますが自分は今まで財布(ベネズエラで偽札つかまされたくらい)も携帯も無くしたことがありません。

気をつければフィリピンなら安全に暮らせると思いますよ。そんなに怖がらなくても大丈夫だと思いますよ。

ネットが遅い


ネットがほんと遅いです。基本的に新興国は遅いので普段の生活をするだけなら気にならなかったのですが、ブログを書き始めたりネットでの調べることが多い自分にはかなり厳しい環境と言えます。留学生も英語を調べるのにネットを使うと思いますが、電子辞書持って来た方がいいと思います。
あまりにもwifiが遅いのでSIMカードフリーの携帯にフィリピンのSIMカードを挿してテザリングをして使うこともありました。留学最初の方でカフェ巡りをしてwifiの安定している場所を探すのもいいと思います。wifiが安定しているカフェは独自の回線を引いていることがあるらしく他の調子が悪くてもそこだけ普段どうり使えるということもあるようです。

留学生の国籍に偏りがある


フィリピン英語留学の生徒はほとんど韓国、中国、台湾、日本くらいしかいません。他に少し中東の人を見かけるくらいです。正直世界を旅してきた自分から見るとあまり新鮮ではありません。そしてこれらの国の人でフィリピンに来ている人は英語が本当に苦手な人が多いです。なので留学生同士の会話も簡単なものに絞られていきます。そしてなぜかアジア人同士は表情で相手の気持ちを理解する能力に長けています。なので友達は作れますが、そこで英語の能力の上昇を見込めるかと言ったら欧米留学には劣るでしょう。

まとめ

デメリットを色々言ってきましたが、気をつければ改善できることがほとんどです。

そして英語の苦手な日本人にとってフィリピン英語留学はいい最初のステップになると思います。そしてフィリピンは楽しいですよ。ぜひ来てください。
何か質問があればInstagramかコメントにメッセージください。
ではまた!

にほんブログ村 旅行ブログ 世界一周へ

スポンサーリンク
スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

    スポンサーリンク