トゥール・スレン博物館というところ。

トゥール・スレン虐殺博物館

というところを知っていますか?

自分も『僕たちは世界を変えることができない。』という映画を見る前は知らなかったです。

この場所は元々は学校の校舎だっだが、1975年4月~1979年1月まで刑務所として使われた。

カンボジアのポルポト政権時代に大量の人が強制収容所に送られ、大量の人が虐殺されました。

ここではあらゆる知識人(教師、技術者など)を収容し、拷問や尋問をしていたようです。

そして反乱分子として認められたらキリングフィールドというところに連れて行かれ処刑をされていたようです。

尋問、拷問があまりにも辛いため嘘で反乱の意志ありと認めてもらい、自ら死を選ぶ人も少なくなかったようです。

トゥール・スレン虐殺博物館内部の様子

ベッドの上にある足枷のようなもので自由を奪われていました。

当時の写真です。

1畳ほどの空間で生活していたようです。

壁に空いている穴はトイレだったようです。

なんとも言えない気持ちになりました。

現在入場料は大人5$、子供3$のようです。

ではまた。

にほんブログ村 旅行ブログ 世界一周へ

スポンサーリンク
スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

    スポンサーリンク